自分の内面と向き合ってみると

忙しいというのが好きじゃない

忙しいとは"心を亡くす"と書くから

やはり心にゆとりは絶対に必要だと思う

ゆとりの中に発想や感情が存在していて、その先にセンスがあるんだと思う

センスは磨くものではなくて、自分の中にあるものをより具体的に引き出した結果ではないだろうかと、つくづく思う

それを主張できるというのは凄く素敵な事で、それを共有できる人というのも大切だ

例えば、食事の好みもそう、共感できる人は貴重な存在である

1人の時間と、人と関わる時間のバランスも踏まえた上で

忙しい時ほど、人との時間を大切にしたいものだと最近特に感じる

0コメント

  • 1000 / 1000