ONE'S HOMETOWN

僕のオリジナル曲の1つ

僕がリーダーライブやる時は、今のところほぼ毎回やっている曲

初めてやったのはギタリスト荻野やすよし氏とのライブだったと思う

彼は僕の戦友であり親友だ

大学を出た後に知り合ったのに同じ大学でしかも同じ学部だっという

後から分かったけど実は先輩だった。でも同学年と思ってたから今更かめへんかめへん!!

まぁ、それはさておきこの曲を初めて描いて(僕は曲は書くのではなく描くのである)持って行った時に

辰っちゃん、今回の曲はホンマに音楽といえる曲だよ

と、言ってもらえた

彼が褒めるというのは本当に稀で、その言葉が本心だと言うのはよく分かり、とても嬉しかった

先日のソロライブで、鳥海涼子ちゃんにアコーディオンで弾いてもらったこの曲

ライブハウスのオーナーのエミ小堺さんにも褒めていただけた

そして、歌詞つけなよ!っていうお声が僕の曲の中でも取り分け多い曲で、エミさんにも言っていただけた

僕の曲って、僕自身が単細胞なだけに本当に単純だと思う

細かい仕掛けとか、トリッキーな事って曲にするのが本当に難しくて、単純に作ってしまう。

その反面ドラムプレイはトリッキーなフレーズも大好きなのだけど…幾何学的で数列的なやつ

そんな訳で、歌詞考えているのだけど、なんせ文才がないようで、ぜんぜん思い浮かばない

なんなんだろうか…全くもって情けない…

歌詞つけて自分で歌うって、やってみたい

歌は、、、正直上手ではない

でも、やってみたい

歌い逃げ出来るようにアンコールに持ってくるかな

写真は全く関係ないけれど、先日のソロライブで小学生ドラマーのトモキ君が持って来てくれた花束

この写真を見るのが最近のモチベーション

P.S.ここ数回投稿がタメ口です。
なぜなら僕の独り言だから…

0コメント

  • 1000 / 1000