たつみ

記事一覧(35)

セッション大会と発表会

気付けば随分ゴブサタしてましたこちらのブログですが、ようやくホッと一息つきまして更新に至ります…19日に恒例の用賀キンのツボでのセッション大会、回を増すごとにみんなが本当に上手くなっていく喜びの中、無事に終わりました。そう、飲み会も無事に…皆さんのレベルがどんどん上がり、その中で僕らホストミュージシャンへのリクエストも付随してレベルアップしていくわけです。こちらとて、とてもいい刺激を受けました!なんと今年で10年だって!その翌日の20日もまたまた用賀のこちらは上用賀アートホールにて、恩師堀越彰さんのスクールの発表会。自分の生徒にも常に向上心と言っている訳ですし、その目標を立てて達成する喜びもクドクドと言っているわけですから、僕も発表会という場を借りて挑戦してきました。今年は2ヶ月ごとに挑戦をするという事を掲げましたから、一つ16ビートにおけるグルーヴの強化という事に重きを置いて参りました。2日連続の用賀という事もなんだか面白いですね。数年前はちびっこドラマーとして見ていた子達がむちゃくちゃ上手な(現ちびっこドラマーから見て)先輩になっていることに驚きを隠せない一日でした。沢山の刺激をありがとう!そして、何故だか絶賛全身筋肉痛であります!

ONE'S HOMETOWN

僕のオリジナル曲の1つ僕がリーダーライブやる時は、今のところほぼ毎回やっている曲初めてやったのはギタリスト荻野やすよし氏とのライブだったと思う彼は僕の戦友であり親友だ大学を出た後に知り合ったのに同じ大学でしかも同じ学部だっという後から分かったけど実は先輩だった。でも同学年と思ってたから今更かめへんかめへん!!まぁ、それはさておきこの曲を初めて描いて(僕は曲は書くのではなく描くのである)持って行った時に辰っちゃん、今回の曲はホンマに音楽といえる曲だよと、言ってもらえた彼が褒めるというのは本当に稀で、その言葉が本心だと言うのはよく分かり、とても嬉しかった先日のソロライブで、鳥海涼子ちゃんにアコーディオンで弾いてもらったこの曲ライブハウスのオーナーのエミ小堺さんにも褒めていただけたそして、歌詞つけなよ!っていうお声が僕の曲の中でも取り分け多い曲で、エミさんにも言っていただけた僕の曲って、僕自身が単細胞なだけに本当に単純だと思う細かい仕掛けとか、トリッキーな事って曲にするのが本当に難しくて、単純に作ってしまう。その反面ドラムプレイはトリッキーなフレーズも大好きなのだけど…幾何学的で数列的なやつそんな訳で、歌詞考えているのだけど、なんせ文才がないようで、ぜんぜん思い浮かばないなんなんだろうか…全くもって情けない…歌詞つけて自分で歌うって、やってみたい歌は、、、正直上手ではないでも、やってみたい歌い逃げ出来るようにアンコールに持ってくるかな写真は全く関係ないけれど、先日のソロライブで小学生ドラマーのトモキ君が持って来てくれた花束この写真を見るのが最近のモチベーションP.S.ここ数回投稿がタメ口です。なぜなら僕の独り言だから…